• セキュリティには強力なウィキ

    他人からには自分の大事な情報は絶対に知られたくないですよね。簡単にいえば、もし流出してしまうと、根拠のない噂がそれによって広まってしまったり、最悪の場合、悪用や犯罪に使われてしまったり、悪い勧誘などが来たりしてしまうかもしれません。ほんとうに非常に困り、泣き寝入りしてしまうかもしれませんよね。そうならないためにセキュリティがあるのですが、それのさらに強いウィキと言う機能があるんですね。
    これは、情報を暗号化できてしまうすぐれものなんです。暗号化してしまうと特定しなくてもその複雑な暗号を解読しないと、特定したりわかってしまったり出来ないんですね。ですので、万全で安全な対策と言えますよね。しかし、気をつけなければいけないのが、定期的にアクセスしたりして、万が一のためにものっとられていないか確認はしておいた方がいいですね。ウィキは入手経路も簡単にわからないよう難しくしてくれるので、安全性には優れていますし、頼りになると思いますね。パソコンやネットは一度流出すると酷いありさまになりますから、こうゆうのを積極的に使うといいですよ!

  • ウィキ系ウェブサイトもセキュリティ対策したパソコンで閲覧を。

    色々と情報を求めてウィキ系のサイトを見ることがあるのですが、ウィキ系のサイトって誰でも加筆したり修正したり、新しいページを作ったりできるんですよね。だからこそコンピュータのセキュリティ対策が必要だと思います。ファイヤウォールやウイルス対策ソフトを使うなどしてセキュリティ対策をしておくのはウィキに限らずどんなウェブサイトを閲覧するときも必要なことですが、ウィキ系のサイトは誰でも参加できる分特にそうだと思います。
    例えばウィキ系のサイトにはたくさんリンクが貼られていますが、もしその中の一つがウイルスだったりしたら、セキュリティ対策を一切していないコンピュータは危険にさらされてしまいます。またウィキ系のサイトを閲覧していたらいつの間にかスパイウェアがパソコンにダウンロードされていた、なんて話も聞いたことがあります。ウィキ系サイトは安全そうに見えるのですが、他のウェブサイトと同じで十分注意する必要があると思います。

  • ウィキでウイルス記事!?ウィキでもセキュリティはオンに。

    色々とコンピューターウイルスについて調べていたのですが、なんとウィキにウイスルをインストールさせようとする記事を投稿しようとした人がいるんだそうです。どうも記事内のリンクをクリックするとパソコンにウイルスが入ってしまうという仕組みなんだそうです。しかもそのウイルスにかかるとそのサイトから送られたように見せかけたメールが不特定多数に送信されてしまい、そこにもウイルスへのリンクが貼られていたんだそうです。
    ウィキを使用している多くの人は「ウィキは怪しいサイトじゃないからウイルスとかは大丈夫」と思っているかもしれませんが、実際はそうとは言い切れないようです。例えウィキを見る際でも、安全だと思いこまずにコンピューターのセキュリティ機能をしっかりオンにして、コンピューターをウイルスなどから守る必要がありますね。たまに「パソコンが重くなるから」とセキュリティを切る人がいるのですが、それはとても危険だと言えます。

  • 携帯電話のセキュリティーにウィキがはじかれた!

    最近携帯電話にセキュリティーのためにフィルターをかけました。このフィルターを使用していると、有害なウェブサイトや危険性のあるウェブサイトなどをアクセスブロックしてくれて、携帯で安全にインターネットを楽しむことができるのです。ところが不便だなと思ったのが、このフィルターをかけてからウィキを閲覧できなくなってしまったことです。てっきり閲覧できると思っていたのに、なんとセキュリティーにはじかれてしまいました。
    確か携帯でアクセスしたときは「安全性が確認できないウェブサイト」などどいう表示ではじかれました。パソコンで今まで何度もウィキを使っていますが特にそれでセキュリティーの問題を感じたことがなかったので「あれ?」と思ったのですが、ウィキは閲覧者が簡単にアクセスしてページを修正したりできるので、多分そこら辺が携帯のセキュリティーに引っかかってしまった原因のように思います。安全のためとはいえ、ちょっと不便ですね。

  • ウィキの導入とセキュリティ対策

    皆さんはウィキというIT用語をご存知でしょうか。webブラウザ上でwebページの編集や発行が簡単にできるシステムのひとつです。サーバーにインストールして利用するのですが、ネットワーク上の複数の人が離れた場所からwebブラウザを使って同じwebページの編集をすることができます。つまり大きな会社などで複数の担当者がwebページの更新などをしている場合、同時に作業できることから効率性を上げることができます。企業によってはウィキシステムを使って資料を作成したり情報の伝達に使用したりしており業務の効率化、メールの減少などコスト削減にも役立っています。
    しかしまだまだ導入企業が少ないのはひとえにセキュリティの問題からです。多数の人がウィキ上でやり取りできることがメリットである以上セキュリティ面が甘くなるのは当然です。業務効率を上げつつ情報漏洩や不正アクセスなどを防止するためにはウィキ上で極秘内容のやり取りをしない、個人情報を保存しないなどの工夫が必要です。